YamanoteYamanote
30 stations / 60 posters

 

YamanoteYamanote is a project initiated in 2016 by Julien Mercier and Julien Wulff, two Tokyo-based Swiss graphic designers who decided to create a series of posters inspired by Tokyo’s iconic Yamanote train line. For each station, the two designers create two posters that represent their parallel perspectives of the locations and organize a local small-scale exhibition in a carefully selected venue.

「YamanoteYamanote」とは二人のスイス人グラフィックデザイナー、ジュリアン・ウルフとジュリアン・メルシエが東京の山手線各駅のイメージをデザイン化するプロジェクトで、二人の異なった視点でそれぞれが各駅1枚ずつのポスターを制作するというものです。彼らのプロジェクトは2016年に秋葉原駅から始まり、これまでの作品は各駅近くの会場ですべて展示されてきたほか海外での展示会や出版も行われています。二人の目を通して描かれた多彩な東京のイメージは外国人だからこそ感じた東京の新しい魅力を表現しているものとも言えます。本プロジェクトは2020年に仮オープンする山手線30番目の駅「高輪ゲートウェイ」に向けて走り続けます。